会社情報

会社概要


会社名
株式会社 ランドマーク テクノロジー
本社
〒102-0071 東京都千代田区富士見1丁目5番8号 大新京ビル
TEL:03-3239-9241(代) FAX:03-3239-9240
設立
1984年9月27日
代表者
眞嶋 喬
資本金
10,000,000円
事業内容

半導体装置関連製品の開発/製造/販売

  • 半導体/液晶製造用プラズマソース (LS3000, LS3200, LS4000) の開発/製造/販売
  • 地球温暖化PFCガス プラズマ除害装置 (LG3000Plus, LG4000) の開発/製造/販売
  • アドバンスドエナジー(AE)社製品販売
  • ジェネラルプラズマ(GPi)社製品販売/サポート

3Dグラフィックス関連製品の開発・販売

  • 3D-CADビューワ、及び3D大規模ハーネス設計ソフトウェア
     (エンタープライズハーネスシリーズ)の開発/販売

沿革

上へ


1984年09月
半導体技術分野における"LANDMARK"と成りうる製品の開発を目指して設立
1984~1986年
Digital HOゲージ列車・マルチ制御システム開発/販売
1988年01月
米Rockwell社と技術提携し、PC用モデムを開発
1988年10月
米Advanced Energy社の日本総代理店となる
1992年03月
米IOMEGA社とリムーバブルハードディスクについて技術提携
1998年01月
次世代μ-Arcモニター「MAM-Genesis」発表
1998年05月
3D CAD Viewer「Flying LANDMARK」発表
1999年04月
LB1200(LG3000の原型)共同開発開始
1999年10月
「Flying LANDMARK」のバージョンアップ版「LANDMARK VIEW」を発売
2001年12月
LG3000α機製作
2002年06月
「LG3000」量産開始
2006年06月
「LANDMARK VIEW ハーネスデザイナー」を発表
2006年09月
ICPプラズマソース(「LSシリーズ」)量産開始
2008年12月
「エンタープライズハーネス」発表
2009年06月
米GPi社の日本総代理店となる
2010年08月
プラズマ分析装置の産学連携開発開始
(独立行政法人科学技術振興機構の「平成22年度先端計測・機器開発プログラム」に採択)
2011年07月
エンタープライズハーネス WindowsOS 64ビット版対応
2012年08月
エンタープライズハーネス DRCオプション発売
(ケーブルの挟み込みや、危険なエッジの近接検出など、ハーネス固有の問題を簡単に発見できるオプションです。)
2013年01月
エンタープライズレイアウト発売
(エンタープライズハーネスで設計したハーネスモデルから、ハーネスの発注図面を自動生成
できます。3Dモデルの正確な長さを表示でき、素早くハーネス図を完成させることができます。)
2014年04月
米Advanced Energy社の正規一次代理店となる
2014年07月
米Advanced Energy社認定国内修理拠点として同社電源修理センターを開設・稼働開始
2015年12月
「LG4000」 エッチングガス及びCVDガス除害用に新発売
2015年09月
設立30周年を迎える
2015年12月
「LG3000Plus」発売
2016年01月
SOLIDWORKS WORLD展示会(テキサス州ダラス)に出展
2016年02月
「エンタープライズハーネス」新シリーズ新価格で販売開始
(お客様の用途に合わせて、4つのグレードからお選びいただけます。製品価格は従来製品と
くらべて、お安くなりました。)

アクセス

上へ